優良な不動産会社の見つけ方|流れを掴んでおこう

契約の仕方の選び方

マンション

三種類ある媒介契約

媒介契約の仕方によってマンション売却のしやすさに大きな違いが生じます。不動産会社と媒介契約を結ぶことにより、マンションを世の中に販売物件として流通させることができ、営業活動を行ってもらって買主を探しやすくなるでしょう。しかし、その契約の仕方をよく吟味しないとマンション売却に苦労するリスクがあります。マンション売却の際には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の三種類から選ぶことが可能です。一般媒介契約は自由にいくつの不動産会社とも媒介契約を結ぶことができるのが特徴であり、より多くの不動産会社に営業を行ってもらえる点が優れています。一方、専任媒介契約は一つの会社としか媒介契約ができませんが、その代わりにレインズへの登録や定期的な報告が不動産会社に義務付けられるのが特徴です。任されているという責任の重さの影響もあってマンション売却に積極的になってくれると期待できるでしょう。専属専任媒介契約の場合には専任媒介契約における不動産会社の義務が強化される代わりに、売主は自分で買主を見つけて直接契約で売ることができなくなります。これらの契約は一長一短ですが、マンションの特徴に基いて選ぶことが重要です。需要が低いというときには専属専任媒介契約や専任媒介契約で必死に探してもらうという考え方が功を奏する可能性があります。一方、人気がありそうなマンションなら一般媒介契約の方が競争をしてくれて高く早く売れる可能性が高いと期待できるでしょう。